メインメニュー

自分リンク

 バーボン植田のカリテプリ

 小さく建てて大きく住まう

 自産自消の野菜づくり

 バーボン/Tシャツ/ネクタイ

 農家レストラン nicomi831

「フランス料理の技法」DVD全13巻発売中!
日本のフランス料理の歴史8 「横浜ニューグランドホテル」とサーリー・ワイル

メニューに、本格的なコース料理とは別に、ア・ラ・カルトといった一品料理が載るようになったのは、昭和元年、1925年、横浜に「横浜ニューグランドホテル」が開業し、料理長にスイス人のサーリー・ワイルを招いてからのことでした。

S・ワイルは、フランス料理以外にもイタリア、スイス、ドイツ、ロシアなどの料理もメニューに載せました。ウインナーシュニッツエルや、ご飯のグラタン「ドリア」などは、今日でもポピュラーな西洋料理のメニューとして残っています。料理だけでなく、レストランにピアノを入れたり、楽団を入れるなど、なかなかのアイデアマンでした。

彼の働きは、昭和9年、1934年開業の支店の東京ニューグランドホテルとともに我が国のフランス料理の水準を高め、戦前戦後を通じて数多くの優れた料理人を育てました。と同時に、日本の料理人を世界に紹介し、世界中に認められるような機会を数多く与えてくれました。

横浜ニューグランドホテルではS・ワイルをサポートする日本人として、ここでも先の内海藤太郎が関西から呼び寄せられていました。