メインメニュー

自分リンク

 バーボン植田のカリテプリ

 小さく建てて大きく住まう

 自産自消の野菜づくり

 バーボン/Tシャツ/ネクタイ

 農家レストラン nicomi831

「フランス料理の技法」DVD全13巻発売中!

用語集

用途別分類(カテゴリー)別 炒める..焼く..茹でる..煮る..蒸す・揚げる..取り除く・漉す..仕上げる
切る・刻む..切り整える..切る(その他)..素材の準備..調理の準備..その他の調理用語..肉料理
魚料理..野菜料理..スープ..デザート・菓子..その他の料理..コース..半製品
盛り付け・仕立て..だし汁・フォン・ソースのベース..ソース..〜風という表現..肉類..魚介類..野菜・果物
調味料・香辛料..酒類..チーズ..調理道具..人名..その他..分類説明一覧
頭文字(イニシャル)別 あ..い..う..え..お..か......け..こ..さ..し..す..せ..そ..た..ち..つ....と..な..に..ぬ..ね..の....ひ........ま..み..む..め..も..や..ゆ..よ..ら..り..る..れ..ろ..わ・ん..すべて
くすくす

クスクス


couscous
文献によるとフランス人がこの料理を知ったのはシャルル10世がアルジェリアを征服した1830年頃とされているが、近年のフランスで庶民的な日常食にもなってきたのは、フランスが統治していたチュニジア、モロッコ、アルジェリアなどのアラブ諸国に移住していた人々がこのクスクスを食べ、帰国してからも懐かしんで作ったことから始まる。

セモリナ粉をアルファ化して粒状にした スムール を蒸し、羊肉と野菜で作ったスープをかけ、唐辛子のペースト、アリサを添えて食べるのが一般的。

チュニジア、モロッコ、アルジェリアではそれぞれにスープに入れる肉の種類が異なったり、加える豆(ソラ豆、ひよこ豆など)の種類もさまざまである。魚を使ったものもある。

このクスクスを日本に初めて紹介したのはビストロ・パラザ(東京・永田町)の酒井一之氏である。詳しい作り方は「フランス料理の探求 下巻」柴田書店版114頁参照。





閲覧者のコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。


Powered by Xwords based on Wordbook